はじめまして、りんかです!

はじめまして!りんかといいます。

私は生まれも育ちも「♪SAGA佐賀」で

お馴染みの佐賀県です。

 

現在は 4歳と1歳のヤンチャな息子

旦那さん、ダックス犬で岐阜県の

緑に恵まれている地方で暮らしています。

 

周りは山、山、とりあえず山続きなんです笑

雨の日なんかは、もののけ姫のイントロでてくるような

霧がかった山が拝めます。

 

 

では簡単にですが、自己紹介をさせていただきますね。

 

・新しいことにチャレンジするのが好きです!

とても好奇心旺盛。でも1つに絞ることが苦手

・お肉が好きで、生魚は苦手><

・マイブームのおやつは干しイモとスルメという健康志向です!

・アウトドア派

・中学、高校はバスケ部

・ヘアスタイルはショートカット派

・原色系のカラフルな色が好き

・深夜アニメが好き

(一番はやはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

・日本習字の高等師範免許持ってます

・好きなshopはLEPSIM、LOWRYS FARM、GLOBAL WORK

・BIGBAN、クリープハイプ、RADWINPS、米津玄師を

よく聴きます♪

・めーーっちゃタイプはBIGBANGの

G-DRAGON♡

オシャレでカッコよ過ぎて、MV見ては

「クアーーーーーーーッッッ!!!!」

っと一人で悶えキュンキュンしてますね。笑

ライブはまじで「きゃーーーーっっ!!♡♡」ってなります!

 

G-DRAGONについてこんな記事も書いてるので

よかったら♪笑

けっこう好評だったりします☆

G-DRAGONが好きな理由

・そして、のんびり家族との時間を自由に過ごす

ライフスタイルを目指して自分らしい働き方に向けて

一歩一歩進んでいるところです。

 

ここからはちょっとした今までのヒストリー。

恥ずかしがり屋な幼少期

恥ずかしがり屋だった私はいつも

母の後ろに隠れているような子でした。

 

父と母は共働きだったため

保育園の行事には祖父か祖母が参加してくれてて、

周りの子はお母さんなのになと

寂しく思っていたのを覚えています。

 

自分を表現するのは得意ではなく

おとなしい子で、ぬりえがめっちゃ好きで

周りを濃く囲んでから色を塗るのが

とても楽しかった記憶を今でも覚えてます。

美術のセンスは多少あったと思うけど

残念ながら可能性は広がず。。笑

 

保育園の砂場で落とし穴を作るのが流行ってて

誰が落ちるかワクワクしてたのを今でも覚えてます。

(この頃からちょっと悪い、楽しいことが好きだった気がする笑)

 

遊ぶばかりの小学生時代

小学生の頃は休み時間や

家に帰ってからもずっと外で友達と

缶けりとか鬼ごっこして、とにかく遊んでたなあ。

網戸に隠れると意外と全然バレないんですよ!

知ってました^^?笑

 

家の周りは田んぼや山ばかりだったから

オタマジャクシ捕まえたり、ザリガニ釣ったり

秘密基地を作ったり、探検ごっこしたり。

良く父と姉弟と、竹で作った

手作りの釣竿をもって魚釣りにも行っていました!

釣れないとよくイジけてたけど、やっぱり釣りは楽しいです!

 

でも大人になって釣りをすることってほぼなくなったし

岐阜は海がなくて全然できないから

子供たちがもう少し大きくなったら一緒に

魚釣りに行きたいと思ってます♪

 

小学生時代が一番何も考えなくてよくて自由だったな。笑

とにかくいっぱい遊んだ6年間でした。

 

そういえば、小学6年生の時に生まれて初めて

告白しましたね。しかも人前で。笑(詳しく)

 

楽しいけど人生で一番辛かった中学時代

中学生になってからバスケ部に入りました。

姉がやっていたし、バレー部は怖かったので笑

でも、軽い気持ちで入ったその選択が

今後自分をめちゃくちゃ苦しめることになってしまったのです・・・

 

普通にボール投げられるし、叩かれるし

いつも否定されたりと、顧問の先生が厳しすぎて

部活辞めたいってずっと思いながらも

人の目気にして辞めれなくて、自分傷つけて

本当にまじで辛かったけど

プラスに考えると、その経験があったから

ちょっとやそっとじゃ諦めない心が養われたのかも。

 

中学の部活をきっかけに

姉との差に劣等感を感じるようになったのもこの頃で。(詳しく)

 

中学生になってから人間関係も変わりました。

小学生までめちゃ仲良かった子とも

部活が違うとつるまなくなって。

 

女子にカースト制度があることに気づいたのもこの頃だったな。笑

私は目立つグループでもなく地味すぎるでもなく

ごく普通のとこ。

 

集団になると強い感じが嫌いになったのもこの頃で、

女子特有の群れるということが好きじゃなかったです。

けっこうその辺はサッパリしてます笑

 

部活で辛かった中学時代だけど、めっちゃ嬉しいこともあって、

中2の時に小学6年の頃から

ずっと好きだった人と

付き合うことができて毎日幸せで

 

少女漫画によくあるような

見ているだけで目がハートになったり

目が合うだけで溶けてしまいそうだったり

キュンとした時には興奮して鼻血が出そうになったり

 

まさにそんな感じの中学生活でした。笑

 

変わり映えのなかった高校時代

高校は地元で一番制服が可愛いところを

選び、新しい友達をつくろう!と

意気込んでいたのですが思うようにいかず

一番人間関係に悩んだのが高校時代です。

 

友達がいないわけではなかったけど

一言で言ってしまえば「つまらなかった。」

 

気の合う友達がいなかったんですよね。

 

もっと恋愛の話とか、将来のこととか楽しい話ができる

友人を作りたいと思っていたのに

 

席が前後だったのもあって

最初に仲良くなった子が一人になりそうになった時

一人にしては可哀想だからって

自分のしたいように動けなかったり。

 

自分の自己主張のなさに嫌気がさして

なんかもう友達付き合いが嫌になって

昼休みとかも一人で本読んでました笑

 

 

部活(バスケ部)でも気の強い子に言い返すことが出来ず

人に甘えることが苦手だから

先輩とも後輩とも仲良い訳ではなく、

一匹狼って感じで。

 

可愛くないヤツだったと思います。まじで。笑

 

でも、一人だと思われることは恥ずかしくて

「別に平気やし」みたいな感じで強がって、

 

本当は寂しいけど

人に自分から歩み寄ろうとしませんでした。

弱いとこ見せるのかっこ悪いし、

というか人への甘え方が分からなかったです。

 

彼氏もいないし、好きな人もいない

本音で話し合える友人もおらず

 

青春を思い描いていた私の期待とは

ほど遠い日々でした。

 

体ボロボロパン工場時代

高校を卒業してからは

地元から離れ愛知での就職だったので

私を知っている人もいないし、

田舎から出て自由になれたし、

ここからはNew Meでいこう!!

と決めていました。

 

仲良くなりたいと思った子に話しかけ

楽しそうなことには

とりあえずノリで参加したり。

そしたらいつの間にかみんなと仲良くなってました!

 

同期と過ごす時間はとても楽しかったし

現在の夫とも出会えた^^

それまでの人生の中で一番楽しい時でした。

 

実は夫とは1度別れて

またくっついて今に至るんです。(詳しく)

 

同期と遊ぶのは楽しかったけど、仕事はきつくて

体はボロボロでしんどかったです。

万年肩こりで常に肩重いし、それで眼精疲労もずっと続くし、

足むくむし(T-T)

 

給料だって残業したからあるようなもので

労働内容と給料が見合ってなかった。

 

毎日同じことの繰り返しでつまらないし

ただ言われたことやってるだけで

ロボットみたいに働いてたから

ずっとここにいても成長できないなと思ってました。

 

だから彼が東京へ行くと言い出したのをきっかけに

3年働いてパン工場とはおさらばしました。

 

自由な生活で最高!でもお金がないフリーター時代・・・

当時の彼(現在の夫)が専門学校に行くというので

一緒に東京までついていっちゃいました。(詳しく)

住んだのは埼玉だったけど

もうめっちゃ自由な生活でお金なかったけど

けっこう楽しかった^^

 

夜中までアニメ見たり、スカイツリーとか

浅草とか、いろんなところに遊びに行ったり。

夜中にドンキへ行くのと

すき家に行くのが二人の間で一時期流行りましたね。笑

 

そのころはガソリンスタンドでバイトしてて

洗車もしていましたが、

男勝りなので男性が多い職場の方が

自分には合っていたし

「ありがとうございましたー!」って

大きな声出してお客さん見送るのは

気持ちいいので中々楽しかったです。

 

余裕こいて家賃が8万のところに住んじゃいましたが

住民税や健康保険料

年金を払うのにお金が飛んでいき、、

若かったし、自分で払わなきゃなんて知らなかった(T-T)

 

そしたら、だんだんとお金がカツカツになってきたんで

私のお昼ご飯はジップロックのタッパーにいっぱい詰めた白ご飯に

ふりかけか梅干しという

ちょー質素なお弁当で何の楽しみもなく(ほんと頑張った。笑)

夕ご飯なんかも簡単にできて安上がりな

親子丼をヘビーローテーションしてましたね笑

 

結局お金が底をつきそうになったのをきっかけに

現在の夫の地元(岐阜)に戻ることになりました。

結婚~新しい地での生活

それからすぐに結婚し

1年後には家族が増えました。

 

全然知らない地なので

近くに友達もおらず、

上の子の妊娠中は一人でずっと家にいました。

心細かったですね、、、

 

それからはママ友ができたし

保育園の集まりなんかにも行っていましたが

 

いつも同じ話ばかりで

何の刺激もなく退屈していて

少し価値観も違うと感じ、

もっと違う広い世界を見てみたい

同じ価値観を持つ人たちと出会える場所を

求めていました。

 

自分のため・子供のために

専業主婦になって自分の収入がなくなり

好きなものも買えなくなり

我慢することが多くなって

お金がない事でイライラすることが増え

夫や子供にきつく当たってしまう事も・・・

そんな自分が嫌だったし、

 

子供のためにおもちゃも買ってあげたいし

これからいろんな経験もさせてあげたい。

 

自分のやりたいことだってやりたい。

そのためにはお金が必要だと

いろんな副業をやってみましたが

いまいちピンときませんでした。

 

働き方に対する譲れない気持ち

私が大事にする働き方の基準は

・家族との時間を一番に大切にできる

・自分も成長していける

・家でできる仕事

・一生使えるスキルを身につけられること

・人の役に立てる仕事

自分の好きなことを仕事にして収入を得る、

そんな仕事をずっと探していました。

 

お金を稼ぐために時間を削って

家族と過ごす時間が減っては意味がないんです><

 

家族と自由きままに穏やかに過ごしたいんですよね。

そして世界一周したいです!

 

ビジネスに取り組んできたから見えてきたこと

2018.12月からアフィリエイトに取り組んできました。

パソコンの使い方もよく分からないところから1からやってきて

コツコツやって、少しは成果も出た。

でも心のどこかで楽しめてないなって感覚があって。

 

「もしかしたら自分にはこのスタイルあってないのかも。。」

気づいていながら見てみぬふりをしてきたその気持ちに

ちょうどビジネスを始めてから11カ月の頃

一度ちゃんと真剣に自分と向き合おうと

時間をかけて取り組んでみました。

 

今まで自分の声を押し殺して生きるのが普通になってたから

自分の気持ちを聞いてあげて、それに正直になることって

中々大変で><

 

だけど自分と向き合う過程で

自己理解ってめっちゃ楽しいなって思ったんですよね。

自分を知るって楽しいなって。

自分の心の声を聴くことってめちゃくちゃ大事なことなんだなって。

 

そこからは元々人の話を聞くのが好きなことと

共感能力が高いこともあって、

【人の話を聞いて悩みとか本当の思いを引き出してあげれる人になりたい】っていう

思いが芽生えてきました。

 

そんな人に慣れるまでの道のりは

途方もないかもしれないけど、

ここからまた、一歩一歩進んでいきたいって思ってます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です