姉との違いに劣等感を感じていた頃

私が姉との違いに最初に気づいたのは

中学生の時。

 

姉がバスケ部に入っていたから

何でもよかった私は何も考えずにバスケ部に入りました。

全然強いチームじゃなかったけど

先生はものすごく厳しかった。

 

それまで運動なんてしたことがないから

自分がどのくらい能力があるのかも

分からない状態で、

でも足は速かったし運動神経は良いほうだと

自分で思ってたんですよね。

だからバスケもできるって思ってた。

 

中学1年のほんとにまだ最初の頃

先生に褒められることが多かった私は

うまくなるって思って練習も頑張ってたんだけど

 

だけど、

 

月日が流れていくとそうでもなくて

気づいたら部活のメンバーで

1番怒られるようになってた。

そこからですよね、

 

自分にはセンスがない。

自信をみるみるうちに無くしてしまって

プレイもビクビクしてしまって

怒られないようにって考えるばかりでした。

 

姉とは2つ離れてたので

夏の大会が終わったら一緒に部活をすることも

なかったけど

中学・高校と学校も部活も一緒だったんですよね。

 

姉はバスケも上手くて

ずっとレギュラーだったし、

気が強かったから誰に対しても物事をハッキリ言うし

人当たりがとてもよかった。

人に好かれるし、

クラスのカースト的にも上位の方

目立つグループでした。

 

それに比べて私は

バスケは下手

先生には怒られる

それにビビッてもっとプレイできなくなる

カーストも中くらいだし

部活の先輩・後輩からは慕われていない。笑

 

廊下で姉と姉の友達にあったとしても

自分が地味なのが恥ずかしくて

引け目を感じてしまって

 

友達付き合いも

スポーツも上手くできる姉が

めっちゃ羨ましかった。

いい意味でわがままな

自己主張ができる姉が

めっちゃ羨ましかったんです。

 

私はいつも人の目を気にしていたから。

自分に自信がなかったから。

何で自分はそうじゃないんだろうって

中・高時代はけっこう悩んでましたね。

 

なので、私を選んでくれる

信頼してくれる人達がいる

今が幸せだなって思います。

 

無料で2つのプレゼントがもらえます!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です